Page Top

ブログ

ブログ

マリーナブログ   |  2019-03-03

【マリーナブログ】淡路島神社の祭礼-流し雛-

皆様こんにちは。
総務部の北川です。

 

本日は、桃の節句、雛祭り
マリーナ付近にある芦名の淡島神社では、祭礼が行われました。

生憎の雨でしたが、多くの参拝者でにぎわい、参道には露店が立ち並んでいました。

「あわせてください淡島様よ、お礼参りは二人づれ」と、底抜け柄杓(びしゃく)の柄に麻を結んで奉納します。
柄杓を奉納する習慣は全国各地の安産祈願で目にしますね!
底抜け柄杓に麻を結んで、奉納するしきたりは、病の救済信仰によるもので、それが、安産、縁結び信仰に結びついたものといわれています。

 

 

そして、祭礼の見物である「流し雛(びな)」

 

 

こちらは、三浦半島に春を告げる風物詩でもあります。
人形に1年間の災いやけがれを託して流す神事。
神社前の芦名海岸から神職・巫女(みこ)が船に乗り込み、流し雛(びな)が行われました。

 

 

海辺の街らしい雛祭り!!
マリーナスタッフとして、ぴったりな雛祭りを体験することができました。

 

皆様も、来年の雛祭りでは、流し雛をご覧になってはいかがでしょうか!
その際はぜひ、お気軽にマリーナへお立ち寄りくださいね!

\\淡路島神社祭礼日、参拝のお客様には、弊社マリーナ有料駐車場を開放しています。//

1日1台→\1,000円
※向かいの事務所にお声掛け下さい。